高圧ガス甲種化学の合格体験記のシリーズ5回目。

今回は、出題範囲が鬼のように広い「保安管理」について、私がとった勉強方法を紹介します。

過去記事へのリンク

高圧ガス甲種化学の合格体験記①。どんな試験か、どのくらい難しいのか


高圧ガス甲種化学の合格体験記②。検定合格に向けて私の取った戦略

高圧ガス甲種化学の合格体験記③。学識の勉強方法

高圧ガス甲種化学の合格体験記④。学識で出るところ、出ないところ

-------

検定における保安管理の合格に向けた勉強の戦略についてです。

khk-5


保安管理の分野一覧

以下に示す11つの分野から成っています。

①ガス各論
②高圧装置用材料
③材料の劣化
④高圧設備
⑤計装
 
⑥保安管理技術
⑦保安・防災設備
⑧運転管理
⑨設備管理

⑩(環境管理:出ません)
⑪(高圧ガス関連の災害・事故:出ません)



テキストの区分分けがややこしく、テキストでは「学識」の範囲になっていても、試験では「保安管理」に出題される分野があります。
①~④はテキストでは「学識」となっていますが、保安管理の出題範囲です。

上記①~⑪のうち、⑩と⑪からは一問も出題されませんでした。
ゆえに、実質の出題範囲は①~⑨と考えて差し支えありません。

なお、ガス各論については学識の出題範囲をご覧ください。
下記リンクより飛ぶことができます。
高圧ガス甲種化学の合格体験記④。学識で出るところ、出ないところ


勉強を進める際に気をつけなければいけないのが、頻出の部分を的確に押さえることです。
保安管理は暗記科目のため、勉強しなければならないページ数が学識よりもはるかに多いです。

科目別に出題範囲のページ数を数えてみたところ、学識は約100ページに対して、保安管理は約300ページでした。

なので、学識よりも戦略的に勉強を進める必要があります。


私の保安管理の勉強の進め方

進め方①:先輩からアンダーライン付きのテキストを頂く

頻出の部分にアンダーラインが引いてあったことは、何よりの幸運でした。

出題範囲が分からない方は、まず「どこが出題されるのか」を把握することが大切です。
以下2点の方策を提案します。

 1. 過去問を2~3年分参照し、テキストの該当部分をチェックする
 2. 当ブログの「保安管理出題範囲」を参考にする

【参考記事】
鋭意執筆中です(o_ _)o


進め方②:アンダーラインを引いてある部分とその周辺部を読み込む

一言一句すべてを覚えようとせず、ぼやっとした概要を掴むようにしました。
「塔の異常現象は5つか6つあるなぁ。ブローイングとダンピングかぁ…」みたいな感じです。
10~20ページ程度を読んだら、進め方③に移りました。


進め方③:過去問を解く

直近1年前の過去問で、テキストを読んだ範囲に該当する問題を解きました。
ここで、「どのように覚えることが求められているのか」を掴むことができます。
「塔の異常現象は、名称と現象を一緒に覚える必要があるな…ブローイングは『液量が少ないときに』『蒸気で液が吹き飛ばされる』現象だな。」という具合です。


進め方④:再びテキストに戻って、知識を補強する

過去問での経験を踏まえて、テキストの文章で重要な部分同士をどのようにつなげて覚えるのか、工夫をこらします。
覚えたと思ったら、再度過去問に戻って、該当範囲を数年分解いてみます。

③⇔④を繰り返すことで、どんどん理解を深めることができます。

-------

次は、保安管理で出題される範囲についてです。


高圧ガス甲種化学の合格体験記⑤。保安管理の勉強方法