とある三十路研究職の実験ノート

とある民間企業の研究開発者。管理職突入手前の30代。日々のアレコレを思うがままに綴ります。時々マスターズ陸上(短距離)。

カテゴリ: 研究開発について

僕は副業を考えると、途端にモノを見る目が曇ることに気付いた。僕は趣味で英語の勉強をしている。...趣味と言いつつ、毎日ルーチンを組んで勉強し、より良い勉強方法を模索している。平日でも1時間弱、休日は2時間は英語に取り組んでいる。人よりは多少時間をかけてやってい ...

研究レポートを残し、社内に知見を残すことに、果たしてどこまでの意味があるのか?僕は文章を書くのが好きで、自分がやった研究を逐一レポート化してまとめている。一応断っておくが、これは趣味ではなく、研究レポートは社内制度として存在している。れっきとした"業務"で ...

3つ下の後輩が有休消化に入った。彼は優秀だった。研究活動に前向きで、セミナーにも積極的に参加し、得た知見を自社の研究に取り入れようと頑張っていた。抱えている案件がいくつもあり、入社4年目にしてプロジェクトの中核を担っていた。そして持ち前のパワフルな元気で、 ...

最近、新規案件で作った製品をお客さんへ紹介する機会が増えた。今流行りのweb面談とやらで、月に3~4回は客先の担当者に製品を紹介している。紹介に使う資料は自分で作る。写真も自分で撮り、一通り体裁を整えてから、上司の添削が入る。毎週卒論を作っているような感覚に陥 ...

現在僕は、新技術の確立を検討している。今ある2つの技術を組み合わせて、新しい環境配慮型の製品を造りだす、というコンセプトだ。この数ヶ月、僕は技術の確立に夢中になった。どうやれば2つの技術が融合してくれるのか?どうやれば美しい製品ができあがってくれるのか?手 ...

ここ最近、仕事が増えて、僕は幸せになった。お客さんとのweb会議、社内報告での発表、新規事業の創出...。こうした仕事が、先週末から立て続けに舞い込んできた。研究開発は"暇"と"忙しい"を行き来する、というのが僕の持論だが、今は間違いなく"忙しい"への登り道だ。今日 ...

入社3年目の後輩が転職する、と昨日聞いた。結婚を機にパートナーの勤務地に行くとのことで、転職先はどうやらウチの製品のユーザー側、同じ研究開発部門らしい。彼曰く「新卒扱いギリギリのところだった」と。彼くらいの年=入社数年目までは、一から育てるコースがメインの ...

今朝、とてつもなく腹が立つ出来事があった。「若手の研究職が、東京本社の発表会に行く事になった」と、隣の同僚から聞いた。このコロナ禍の最中に、東京に行く⇔行かないを繰り返しての、3日前の決定だった。僕が腹を立てたのは、若手をわざわざ行かせた理由だ。理由は「直 ...

今日のお仕事・溶剤代替品の成分分析・反応の仕込み・文書作業連休明けの仕事は、職場に居るだけで体力を削り取られる感じがする。分析は正確な結果が得られるので面白い。-------才能の話。僕は、長距離走に才能がある。自分で言うのもアレだが、他のスポーツに比べれば、少 ...

僕が一番しっくりきた成長戦略は"習うより慣れろ"です。理論をかき集めて頭をひねった時に限って、力がつきませんでした。そんな空回りを経て、私なりの"脳筋理論"が出来上がりました。-------■最初の数年間は独論を挟まず与えられた事をこなす今、仕事を振り返って痛感して ...

↑このページのトップヘ