とある三十路研究職の実験ノート

とある民間企業の研究開発者。管理職突入手前の30代。日々のアレコレを思うがままに綴ります。時々マスターズ陸上(短距離)。

twitterアカウント:https://twitter.com/rumaasa

今日のお仕事・溶剤代替品の成分分析・反応の仕込み・文書作業連休明けの仕事は、職場に居るだけで体力を削り取られる感じがする。分析は正確な結果が得られるので面白い。-------才能の話。僕は、長距離走に才能がある。自分で言うのもアレだが、他のスポーツに比べれば、少 ...

僕が一番しっくりきた成長戦略は"習うより慣れろ"です。理論をかき集めて頭をひねった時に限って、力がつきませんでした。そんな空回りを経て、私なりの"脳筋理論"が出来上がりました。-------■最初の数年間は独論を挟まず与えられた事をこなす今、仕事を振り返って痛感して ...

僕は、程よく張りのある仕事を送りたいと願っています。新しいコンセプトを試す本当の意味での"実験"は、週に1回できれば良い方だと感じます。週に2回も3回もぶちこんでしまうと、翌週に地獄を見ます...。-------■直近数ヶ月は、平均して週1ペースで合成反応4月以降、ひたす ...

社会人でよくある悩みが「同期が自分より早く昇進した」というもの・昇進したくない自分には無縁...と思っていましたが、いざ直面すると嫉妬心が湧きました。自分ではどうしようもない初期設定中で生き抜く覚悟が、僕にはできていませんでした。-------■僕の同期は忙しい部 ...

断定口調で書いてしまいましたが、n=1の独断と偏見です。しかし企業の研究職における忙しさの波は、思った以上に激しい。何もやる事がない「凪」の時に、無駄に消耗しない技術を身に着けたいものです。-------■研究職の業務は、忙しい時と暇な時の落差が激しい当社では、一 ...

私は素朴な味わいのヘルシーな料理が好きです。ここ数ヶ月は、長時間煮込んだカレーに凝っていました。色々試すうち、失敗に対して鼻が利くようになりました。-------■週1回「10時間煮込んだカレー」を作ってきたカレーを作るようになったきっかけは、2か月前に炊飯器を新調 ...

昨日、ぼくは挫折を味わった。天才(変人)は、1つの事にただひたすらに打ち込む。例えばアインシュタイン。彼は生活を研究に最適化させて、研究以外の全ての要素を切り捨てて、4分野で革新的な理論を打ち立てた。そこまでして初めて、何か大きな事を成し遂げられる。ぼくは ...

製品の安定性を確認する「貯蔵安定性試験」はとにかく地味な試験。これを完遂できるかどうかは、仕事の評価に直結します。当社の実験の8割はこうした地味な試験です。--------■「貯蔵安定性試験」は非常に重要な試験この試験は、お客さんが安心して製品を使う指針になります ...

当研究所では週1で報告ミーティングがありますが、正直時間の無駄と感じています。 それよりも、実験を回しながら雑談チックに議論する方が、より良い意見がもらえます。 研究者の方々には、ぜひこの「井戸端ミーティング」を大事にしてもらいたいです。 -------  ■会 ...

総合職の地方勤務は孤独です。 入社時の人間関係作りは、無理しない範囲で、少しだけ頑張りましょう。 私のように、孤独で狂いそうにならないでください。   ■6年目になると、休日の2日目が人恋しくなる 私はいつも、会社の独身寮で週末を過ごします。 休日1日目は、 ...

↑このページのトップヘ