とある三十路研究職の実験ノート

とある民間企業の研究開発者。管理職突入手前の30代。日々のアレコレを思うがままに綴ります。時々マスターズ陸上(短距離)。

twitterアカウント:https://twitter.com/rumaasa

幸せに生きるためには、重荷を振り捨てる決断力が必須。 身に着けた習慣をリセットする力は、見逃されがちですが重要です。 私はリセットが人一倍苦手で苦労してきましたが、最近ようやく希望の光が見えてきました。   -------   ■一度身に着けた習慣を手放す力は大 ...

今日、新しい素材を使った実験が、失敗に終わりました。 研究開発にとって失敗は日常茶飯事なのですが、今日はいつものように受け流せませず、気落ちしてしまいました。 肉体的な疲れが原因のようです。   -------   ■検討中の製品が形にならなかった 今日の実験で ...

学生時代の私は「とにかく結果を出す。そのためには万難を排し、どんな労苦も惜しまない」という考えでした。 企業の研究開発においては、上記のストイック的思考ではうまくいきませんでした。   しかし、丸5年勤める中で、徐々に考え方が最適化されていき、うまくいく割 ...

私は、充実して幸せに生きていきたいです。   そのためには、 ・自分が大切にする理想をきちんと把握し ・自分を変えていき ・歩んだ事実をきちんと評価する この3つが必須だと感じています。   今回は、充実して幸せに生きるうえで、効果があり、かつ今も継続して ...

僕は、筋トレ=追い込まなければ効果が無い、と考えており、筋トレでは毎回「もう無理や」と絶望するまで追い込んでいた。   しかし最近、追い込むまで筋トレをしても、筋トレしない時とそこまで違いが無い…むしろ筋トレをしない時の方が、恒常的に調子がいいし、走りも ...

「スプリンターの練習の4割は筋トレ」と為末氏のブログにもあるほど、筋トレはスプリンターにとって大切。   しかし、いざ練習に筋トレを組み込んでみると、思った以上に頻度・強度に気を配らねばならないことに気が付いた。 独力では、最適解を見つけるのに途方もない時 ...

ふとしたきっかけで「嫌われる勇気」というアドラー心理学の本を読みました。そこに紹介されていたのが「課題の分離」という人付き合いの考え方。2ヶ月ほど試してみたところ、今まで感じていた息苦しさから解放されました。--------このような方にオススメの思想人付き合いに ...

この前、予定ではドリル系のアクティブレストの日だったが、前日のフルスプリントの疲労で怠く、どうにもならなかった。 思い返せば、短距離走においては、中長距離ほど「アクティブレストの型」が無いと気付いた。 (中長距離においては、アクティブレスト≒ジョグ)   ...

ネット上の練習メニューから強度を推し量る時、流しの強度によって強度が変わり、どうにも活かしにくいと感じた。僕の中で「流し=全力走よりリラックス、ジョグより速く」といった曖昧な定義であり、ここをどうにかする必要があると思った。そこで、流しの強度を再定義しよ ...

先日、twitterにて「短距離選手の月間走行距離を知りたい」というツイートがあった。 自分の走行距離が気になったので、直近1ヶ月のデータを集計してみた。   -------   ■私の月間走行距離は70km程度だった   走行内容を以下の2つに大別してカウントしてみた。 ...

↑このページのトップヘ