とある三十路研究職のライフログ

とある民間企業の研究開発者。管理職突入手前の30代。研究開発の仕事内容、プライベートの過ごし方、健康的な競技スタイル(陸上短距離)について綴ります。

twitterアカウント:https://twitter.com/rumaasa

「スプリンターの練習の4割は筋トレ」と為末氏のブログにもあるほど、筋トレはスプリンターにとって大切。   しかし、いざ練習に筋トレを組み込んでみると、思った以上に頻度・強度に気を配らねばならないことに気が付いた。 独力では、最適解を見つけるのに途方もない時 ...

ふとしたきっかけで「嫌われる勇気」というアドラー心理学の本を読みました。そこに紹介されていたのが「課題の分離」という人付き合いの考え方。2ヶ月ほど試してみたところ、今まで感じていた息苦しさから解放されました。--------このような方にオススメの思想人付き合いに ...

この前、予定ではドリル系のアクティブレストの日だったが、前日のフルスプリントの疲労で怠く、どうにもならなかった。 思い返せば、短距離走においては、中長距離ほど「アクティブレストの型」が無いと気付いた。 (中長距離においては、アクティブレスト≒ジョグ)   ...

ネット上の練習メニューから強度を推し量る時、流しの強度によって強度が変わり、どうにも活かしにくいと感じた。僕の中で「流し=全力走よりリラックス、ジョグより速く」といった曖昧な定義であり、ここをどうにかする必要があると思った。そこで、流しの強度を再定義しよ ...

先日、twitterにて「短距離選手の月間走行距離を知りたい」というツイートがあった。 自分の走行距離が気になったので、直近1ヶ月のデータを集計してみた。   -------   ■私の月間走行距離は70km程度だった   走行内容を以下の2つに大別してカウントしてみた。 ...

 僕は「新しく学んだ事は、毎日反復しないとすぐに忘れる」と不安になります。 しかし、そんな不安を吹き飛ばす経験をしました。 量への過剰な信仰からの脱却に一役立ちそうです ------- ■車の運転、最初の1週間で定着、→あとは週1でも十分運転できた 僕はペーパード ...

■弱い人=僕のやり方:同じメニューをただ反復するだけ 僕はこれまで「やるべきトレーニングのメニューをあらかじめ決めておく→それを高頻度で繰り返す」事がパフォーマンス向上の唯一の道だと信じていました。 トレーニングの継続というものを、【同じメニューの反復→ ...

コロナウイルスが流行っていますが、私は今のところ、全日出勤です。 今後も、このワークスタイルは変わらないでしょう。 企業の研究職にとって、在宅ワークはサブウェポン的使い道しかなさそうです。 ------- ■当研究所の所員は、今のところ全員出社 世の中はコロナウ ...

4/1(水)□ランオフ□自重筋トレ・3月末のスプリント4連勤のダメージで、身体がガタガタのメロメロ。・慣れるまでは「少なすぎる」くらいの量で淡々といこう。4/2(木)□ジョグ 3.8km■坂ダッシュ 40mx4(斜7%), 120mx3x2, 160mx1(斜3%, r:walk, R:3min)□自重筋トレ・1日ランオ ...

 私は某メーカーにて研究開発に就いていますが、仕事の大半はルーチンの雑務だという実感があります。 試したい事が目の前にあるのに、降りかかる雑務に邪魔されて、1ヶ月間手出しできなくなった時もありました。 就活で耳にする「R&Dのやりがい」を感じる瞬間は、月に1回 ...

↑このページのトップヘ